相続にかかる税金の種類と特徴

相続するときの流れと知識のまとめ

相続することがわかったら、誰に?どのように?

人が生まれるときは「予定日」があるので、大体の目安のもとに誕生します。
ところが死ぬときというのは、どうでしょうか?
病魔と闘って復帰することもあるでしょうし、ある日突然事故で…ということも考えられます。
そうなった時に残された家族は、悲しみに暮れるとともに現実を生きなければなりません。
財産があった場合には分けなければ、申告するものがあれば確定申告をしなければいけないのです。
亡くなって慌てることがないように、相続の知識は頭の片隅にでも入れておくといいでしょう。

日本人はお金の話をすることを嫌いますが、とても大事なことです。
遺言を残すなり、家族で話し合っておかないと、残された家族は戸惑ってしまいます。
財産がどれくらいあるのか?お金があるのか?土地があるのか?
子どもが複数いたらどのように分ければ良いのか?
この記事を読んだことをきっかけにぜひ話し合ってください。
日常で話題にすることが少ないことは、その話題に触れた時がチャンスです。
「ウチには相続するほどの財産なんて無い」と思う前に、今住んでいる家は持ち家ではないか?株券などの有価証券は持っていないか?などの情報を、共有しておく必要があります。
大切な人が亡くなって、お葬式やお世話になった知人・親せきへのあいさつなど、休まる暇はありませんが考えなければなりません。
亡くなった人が安心できるようにも、今後の家族みんなのためにも、相続で争わないように話し合ってください。

いつ相続してもいいように

身近な人が亡くなって、お葬式や告別式などバタバタと過ごしたのもつかの間…今度は相続について考えなければなりません。 亡くなった人に配偶者や子供がいるのかどうかでも、相続の順番は変わってきます。 ここでは誰に、どのように相続税がかかってくるのか、説明したいと思います。

相続税だけではない!?税金の豆知識

相続税とは、亡くなった人から引き継いだ財産にかかる税金のことで、基礎控除を超える場合にがかかり、相続後10ヶ月以内に支払う税金のことを言います。 また、事業をしている人は別に税金がかかる場合もあります。 ここでは税金の種類や計算方法などについて説明したいと思います。

確定申告と、準確定申告

相続税の申告は「10ヶ月以内」、準確定申告は「4ヶ月以内」。 こちらは相続が開始されてからの、申告と納税の期限です。 どちらも期限を過ぎると延滞金がかかりますので、注意しましょう。 「10ヶ月以内」と「4ヶ月以内」は重要なキーワードなので、頭に入れておくことをオススメします。