相続するときの流れと知識のまとめ

>

いつ相続してもいいように

法定相続人に相続される割合

たとえば被相続人に相続放棄していない配偶者がいた場合、その配偶者には法定相続人の順位は付かず「いつでも法定相続人」という立場が適用されます。
配偶者以外の順番としては、被相続人の子ども(子供が死亡している場合は孫)が第一順位・父母(父母が死亡している場合は祖父母)が第二順位・兄弟(兄弟が死亡している場合は兄弟の子ども)が第三順位となります。

法定相続額は、第一順位がいる場合は2分の1を配偶者へ残りの2分の1を均等に第一順位で分け合い、第二順位がいる場合は3分の2を配偶者へ残りの3分の1を均等に第二順位で分け合い、第三順位がいる場合は4分の3を配偶者へ残りの4分の1を均等に第三順位で分け合うことになります。

ただし、上記の法定相続割合は一般的なパターンとして活用するようにしましょう。
法定相続人全員の合意や遺言によって、パターンを変えられる場合もあります。

相続人になれる人と代襲相続

配偶者が法定相続人になるには「戸籍上」の妻であることが重要です。
内縁の妻や、離婚した元妻は法定相続人になることができません。
離婚協議中や別居中でも「法律上婚姻関係」であれば配偶者相続人になります。

子どもの場合は配偶者と違い、元妻との子どもや養子、認知を受けた非嫡出子も相続権は発生します。
再婚した場合の連れ後は養子縁組の手続きをすれば、相続人としての権利が得られます。

代襲相続とは、死亡した法定相続人に代わって相続することを言います。
例えば、子どもが亡くなっていた場合は孫へ、兄弟が亡くなっていた場合は甥っ子や姪っ子へと相続されることです。
相続放棄をした場合は、代襲相続の対象とはなりませんので注意しましょう。


SHARE!